×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

米国公認会計士 スクール

米国公認会計士,スクール

米国公認会計士を目指すためのスクールは、
就職・転職に強いところを選びましょう!

 

米国公認会計士を目指すためのスクール、アビタスなら

  • キャリアセンターを併設しており、合格後は転職の相談が可能
  • 合格前の勉強中の段階からキャリア相談が可能
  • 米国公認会計士に合格した後のキャリアを見据えて勉強できます

 

まず、無料説明会に参加してください!
スクールの雰囲気など生で体感することで米国公認会計士になった自分の姿が想像できます!

 

米国公認会計士,スクール キャリアアップもサポート!米国公認会計士スクール「アビタス」


米国公認会計士になるにはスクールに通うのが近道

米国公認会計士になるためにスクールに通おうと考えている方も多いと思います。スクールに通うと独学よりも効率的に学習できますし、実際に受験に行くにもサポートが受けられるので、米国公認会計士合格までの道のりをスムーズに進んでいくことが可能です。そこで、スクール選びでチェックしておきたい項目などをまとめてみました。

 

まずは、フレキシブルな授業形態になっていること。

 

米国公認会計士を目指す方の場合、すでに社会人の方も多いと思います。会社の帰りにスクールに通ったりする予定という人もいるでしょう。そういった方の場合、急な仕事でスクールに通えなくなってしまうということがあります。

 

そうした場合に、他の教室での授業に振り替えたり、授業のDVDなどをレンタルできるようなシステムが整っているスクールを選ぶようにしましょう。こちらの都合で授業を休まなくてはいけなくてもしっかりとフォローしてもらえる環境は大切です。

 

また、急な転勤などで途中から講義に一切参加できなくなってしまうようなことがあっても大丈夫なように休学できるようなシステムがあればなおいいですね。ビジネスマンは短期集中とは行かない可能性もありますので、少し時間を掛けても米国公認会計士合格を目指せるスクールがいいでしょう。

受験のサポートをしてくれること

米国公認会計士はアメリカの会計士の資格です。試験の内容や合格ラインはアメリカ全土で統一されていますが、受験資格などは州ごとによって異なります。そのため、自分が合格しやすい州などをしっかりと案内してくれるスクールを選びます。

 

米国公認会計士の受験単位で足りないものがある場合、日本にいながら提携の大学の単位が取得できるような仕組みになっているかどうかもチェックが必要です。

 

また、受験の時には旅行の手配やホテルの手配、試験会場までの案内などもしっかりとフォローしてくれるスクールがいいですよ。受験勉強の最終追い込みをしている時期に、チケットを取ったりするのは億劫ですからね。

米国公認会計士合格後のサポートまで受けられること

合格後の就職・転職・キャリアアップ、
実はスクール選びで差がついてしまうのです!

 

米国公認会計士合格後はステップアップして転職を希望しているという人も多いと思います。しかし、インターネットなどで米国公認会計士の求人情報を探しても、多くは見つかりません。これは、米国公認会計士の転職情報は、募集の人数が少なかったり、専門職だったりするため非公開求人であることが多いからです。

 

米国公認会計士に合格して転職などまで考えるのであれば、米国公認会計士合格後に転職の情報を提供してくれたり、職業紹介などをしてくれるスクールで勉強するのが理想的です。

 

米国公認会計士のスクールではアビタスのように、外資系の企業や監査法人、会計事務所、財務部門などの専門職の非公開求人などを扱っているキャリアセンターのを併設しているところがあります。こうしたスクールを利用すれば、米国公認会計士合格後の就職・転職・キャリアアップまで見据えて勉強をしていくことができるのです。

米国公認会計士スクールの紹介

実際にスクールを選ぶときは、「自分に合わなかったらどうしよう」「授業内容のレベルが心配」というような不安が必ずあると思います。

 

そこでまずは無料資料請求をおすすめします。資料請求をして、よさそうであれば、無料の説明会や授業見学に参加して入学を決めるのです。

 

上記の条件を満たすスクールとしてアビタスを紹介しておきます。アビタスは資料請求、説明会、授業見学が無料です。じっくりとスクールを見極めて入学を決められますので、まずは無料説明会に参加してみましょう!

 

米国公認会計士,スクール アビタスのCPA講座の詳細はこちら